果たしてアルバイトの医師求人の2つの魅力とは

医師求人は、様々な働き方があります。

いわゆる正社員としての雇用タイプもあれば、アルバイトの医師もあるのです。

もちろん後者のアルバイト医師として働く為には、求人案件は探していく事になります。

そして医師として働きたいと思う方々は、実はアルバイト雇用を望んでいる事も少なくありません。それには主に2つの理由があるのです。

まずアルバイト医師の場合は、給与に大きな特徴があります。

というのも医師という職業ですと、かなりアルバイトとしての給料が高めだからです。かえって正社員よりも稼げる事もあります。

例えばある病院で正社員として勤務する時の月収が、毎月90万円台だとします。医師という業界の場合は、それ位の月収になる事も全く珍しくないのです。

ところがアルバイトとしての医師求人の場合は、それよりも高めになる事がしばしばあります。当然ですがアルバイトは、時給計算になるでしょう。

それでアルバイト医師というのは、かなり時給が高めに設定されているのです。

それが具体的に何円程度かも、状況によって異なります。アルバイトで時給1万円と設定されている医師求人も、比較的多いのは事実です。

ところで1万円という時給設定ならば、かえって正社員より高くなる事はあるでしょう。

何せ正社員として働く場合は、1ヶ月に100時間以上は働く事もあります。常勤の医師ですと、それ位の労働時間になる事も珍しくありません。

ところが上記のように1万円と設定されていれば、単純計算で100万になる訳です。どちらの方が収入が高いかは、明らかなのです。

つまり、それがアルバイトの医師求人の魅力です。ですから稼ぎたいと思っている方々などは、あえてアルバイトを選んでいる事例も少なくありません。

それとアルバイトの医師求人には、勤務時間に関するメリットもあるのです。

そもそもアルバイトの場合は、正社員よりも拘束時間が短い事も多々あります。

比較的自由な働き方が可能なのです。

またアルバイトという雇用タイプですと、残業を断れるメリットがあります。

正社員の場合は、病院から残業を指令された時には、必ず従う必要があるのです。しかしアルバイトの場合は、それを断る事もできます。

ですからアルバイトの方が、やはり自由に働ける事は明らかでしょう。

とかく労働時間が長くなる事も多い医療業界では、アルバイトとしての働き方を望む方々も珍しくありません。

何も正社員だけが、医師求人の唯一の選択肢ではないのです。状況によっては、アルバイトの医師求人を探してみるのも一法でしょう。